マーケティング

SEOをまず やってみる|SEOは難しくない

 

SEOをはじめよう

これまでこのBLOGのマーケティングのカテゴリーでは、やや概念・考え方をお伝えするスタンスで書いてきました。今回は、ちょっと具体的に、手軽に施策として展開していける内容で書いてみたいと思います。

 

まずはWebサイトへの流入数UPの施策、SEOのお話です。

 

Webサイトをたくさんの人に見てもらうための主な施策には、大きく分けて広告とSEOという二つがあります。比較的短期で効果の出やすい広告に比べ、SEOは効果が出るまで少し時間がかかることや、広告と比較して効果が実感しにくいため、手を出しにくいものかもしれません。

 

この二つは、どちらが優れているというものではなく、異なった特徴を持つ施策であり、理想的には両方を組み合わせて相乗効果を狙うのが良いと思います。

 

SEOは、検索エンジンのWebサイトに対する『マイナス評価』を避ける意味合いが強いものです。ユーザーが検索エンジンを使ってWebサイトにたどりつこうとする場面で、せっかく掲載した『自社・自ブランドの価値』をユーザーに十分届けるため・検索エンジンから悪い評価を受けて表示の機会が減ってしまわないように、SEOも意識したWebづくりを目指してみましょう。

 

すぐできるSEO施策

まずは、SEOとは何か?具体的にどのような施策がSEOとされているのか、を整理してみましょう。

 

今回は検索エンジンという『システム』を直接対象にした施策と、ページを読む『人間』を対象にした施策(二次的には検索エンジンにも影響を与えるのですが)の両方をご紹介します。一般的にSEOは、『検索エンジンというシステムに直接はたらきかけるもの』を指すことがほとんどですが、ここではもう少し広く『検索ユーザーにクリックされやすくするためのもの』と定義し、まず読み手にはたらきかけるもの も含め紹介します。

 

ページを置くサーバの仕様など、様々な環境要素によって、できること・できないことがありますが、まずはTITLEタグや見出しタグの改善といった、影響度の大きいものからはじめてみるのが良いでしょう。

大手ECモールの場合「商品名」がTITLEタグや見出しタグに該当していることもあるようです。その場合、商品名の表記を工夫することで、検索エンジンにも読み手にもよい効果を与えることが可能になります。

 

以下を参考にHTMLソースやコンテンツを見直してみてください。

 

 検索エンジン対象読み手対象
ページのテーマTITLEタグ内にページの見出しとなる単語を入れるTITLEタグ内に検索結果画面で伝わりやすいページタイトルを記載
コンテンツ作りH1・H2などのタグ内にページ・セクションの見出しとなる単語を入れる「見出し」「階層」を考慮したコンテンツ構成に
改行や強調表現などを適切に使用しブラウザ幅など表示環境が変わっても読みにくくならないよう文字を配置
改行や文字揃えなどを適切に使用し飽きさせず読み進められるよう文字を配置
「これ・それ・あれ」など指示代名詞を減らし、ページの途中から読みはじめても理解しやすいよう文章を構成
DESCRIPTIONタグ内に検索結果画面で伝わりやすいようなページ説明文を記載
文字情報で訴求を構成読み手に伝わりやすい文章構成・論理展開・表現で文章を作成
すべての画像にALT属性を設定ひと目で訴求内容がわかる画像・サイトイメージにマッチした画像を使用
ページのHTMLデータやムダに大きな画像データを読み込まない工夫ページの目的(認知UP、購入促進 など)や掲載内容・訴求内容が閲覧ユーザーに伝わりやすい構成をファーストビューに盛り込み構成

 

キーワードの選定

実際にSEOを行う場合、何らかのキーワードを想定し、競合他社と検索画面で上位表示を争うことになります。選んだキーワードによって、同じ施策を行ってもSEOの効果の出やすさが違ったり、そもそも含まれる競合の数が違ったりしますので、キーワードの選定は、とても大切です。

 

考えるべきは、『検索は、目的があるから行われている』ということです。
あなたのWebサイトに掲載されている情報を求めているのは、どのような目的を持った人でしょうか?

 

検索の目的を考えることが、より効果の上がるキーワードの選定を可能にし、SEOの効果を高めることにつながります。検索エンジンは、この目的にマッチした答えとしてページを一覧表示します。

 

対象となるユーザーは、目的のWebサイトを探すのに、どのようなキーワードを使って検索を行うのでしょうか?

 

 

例えば、『パスタ おいしい』と検索した場合を考えてみましょう。

 

検索ワード検索目的(欲しい情報)の例マッチした答え(検索結果)の例
パスタ おいしいおいしいパスタ屋さんに行きたいおいしいと人気のパスタ屋さんの地図
おいしいパスタの通販を探しているおいしいと人気のパスタ通販サイト
おいしいパスタを作りたい(おいしいパスタのレシピを探している)おいしいパスタの作り方

同じキーワードの検索でも、その背後には様々な検索目的(欲しい情報)があり、検索エンジンは様々な答えが含まれたWebページを上位表示します(実際には検索ワードだけではなく様々な付加情報も検索結果に影響を与えます)。

 

このように『パスタ おいしい』というキーワードは、目的ごとに多くの競合他社と検索結果画面の上位表示を取り合うことになります。それぞれの検索目的ごとに競合サイトがありますので、最終的にすべてを合わせて考えると、『パスタ おいしい』という検索ワードは、非常に多くの競合サイトが表示される『競合の多いキーワード』であると言えます。『おいしい』というコトバは、抽象的で、範囲が広い概念であり、このような抽象的なコトバでの検索は、競合が多く含まれるので、その中での上位表示は、ハードルが高いものになるのです。

 

では、次のような検索は、どうでしょうか。

以下のような検索ワードの場合、それぞれ検索目的が、より具体的になっています。場所の情報や、パスタの種類など、具体的なキーワードで検索するユーザーは、より深い検索目的を持っていますので、目的にマッチした競合サイトの数も少なくなります。ここで扱われる『検索目的』が、自ブランドの特徴・強みとマッチしていれば、この検索をしたユーザーはコンバージョン(今回の場合、実際に店舗へ連絡したり食べにいくという行為)しやすいユーザーである可能性が高くなります。強みを訴求する検索ワードの絞り込みがとても大切なのがおわかりいただけると思います。

 

検索ワード検索目的(欲しい情報)の例
▲▲駅 パスタ おいしい▲▲駅近くの美味しパスタ屋さんを探している
▲▲駅 ペンネ おいしい▲▲駅近くで『おいしいペンネ』を食べたい(他のパスタではなく)
▲▲駅 パスタ 人気▲▲駅近くで人気のパスタ屋さんに行きたい(隠れた名店ではなく多くの人が評価している店に行きたい)
▲▲駅 パスタ店の屋号▲▲駅近くの(屋号を知っている)あの店に行きたい

 

あなたのWebサイトに掲載されている情報の特徴・ビジネスの強み・オリジナリティは何ですか?具体的に、考えてください。そして、ユーザーはなぜ、その特徴・強み・オリジナリティを入手したいのでしょうか?入手するために、どのようなキーワードで検索を行いますか?

 

このように自社・自ブランドの強みとマッチした検索ワードを想定し、HTMLデータ・コンテンツへ落し込みます。

検索を行うユーザー像についても『客層(年齢・性別などのデモグラフィック要素)』だけではなく、検索目的を合わせて深く考えると、より明確になり、効果につながるSEOを行うことが可能になります。また、ユーザー像を検索目的で考えることは、これまで売れていた客層とは違った層へも訴求できることにつながるので、おすすめです。

 

SEOの目的とは?

さて、ここで『そもそも論』です。SEOの目的は何でしょうか?

最初に触れたように、SEOを行うことはWebサイトへの流入を増やすことにつながります。では、SEOの目的は、『上位表示』や『Webサイトの流入を増やすこと』でしょうか?

 

私たちは、違うと考えています。
SEOの目的は、流入を増やすこと ではありません。
では、SEOの目的とは?

 

SEOの本来の目的は、Webサイトの流入を増やすこと(流入を増やすという手段を使って)、の先にある、『そのWebサイトの商品を販売したり、認知を向上させたりすること』です。

流入が増えても、販売結果や認知向上に結びついていないのであれば、全く意味がありません。『販売・認知を向上すること』こそがSEOの目的なのです。

 

そう考えることが、より効果的なSEOを行うことにつながり、全体としてのビジネスの成長につながります。販売・認知を向上させるために『何を訴求するのか?』『誰に訴求するのか?』『どうやって・どのような表現で訴求するのか?』を組立てること こそがSEOの本質です。以前も書いたようにSEOも『ツール』のひとつに過ぎないのです。

 

今回ご紹介したSEOの実践や、さらに効果的な運用をはじめ、ビジネスにイノベーションを起こすWeb戦略も、ぜひ私たちにご相談ください。まずはやってみる。新しい一歩を踏み出しましょう。