マーケティング

すべてはツール|マーケティングっていったい何?

 

マーケティングの正体とは?

突然ですが...
『マーケティング』って何でしょうか?
市場調査?広告?販促企画?...なんだかどれも、しっくりきませんね。

マーケティングというと、このように実態がつかめないものというイメージが強く、今一つよくわからない、何をやっているのかわからないという声もいまだによく聞きます。

でも、ちょっと視点を変えると、マーケティングって普段の生活の中でも接する機会の多い、とても身近なものです(少なくとも個人的にはそう思っています)。

この記事の最後に『Artyの考えるマーケティング』『マーケティングとは』の答えを書きますので、最後までとばさず(笑)お読みください。

 

Wikipediaでマーケティングを調べてみると、

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

と書かれています。

 

いろんな関連団体・協会などがあり、独自に定めた定義があるようですが、どれも、なんだか実感がわきにくいですね。

しかも、マーケティング担当者の仕事として実際に割り当てられる業務も、業種や企業ごとに様々です。ECサイトの運用担当者が兼任していたり、総務部の中にあったり、広報の部署と役割分担が明確でなかったり、少人数のところだと社長さんが兼任してらっしゃる場合や、そもそもマーケティングの部署がない所も多いでしょう。そんなこともマーケティングの正体をわかりにくくしている原因のひとつかも知れませんね。

 

何年か前に『もしドラ』で一躍有名になった経営学者のドラッカーさんは『マーケティングの理想は、販売を不要にするものである』と言っています。『販売』という行為に近い場所にあるものとしてマーケティングを考えるとき、大筋この認識でズレはないと思います。『販売促進』に近いイメージでしょうか。

 

手段と目的

『ドリルを売るには穴を売れ』というコトバもあります(書籍も出版されています)。

 

 

ドリルを買いに来たお客さんは、ドリルという『モノ』が欲しいのではなく、穴をあけたいワケだから、ドリルそのものの性能・機能だけでなく、どんな穴があくか(どんな結果が得られるか)?を正しく伝える方がよい というものです。

 

ドリルは穴をあけるための『ツール』です。穴という結果を得るための『ツール』です。
回転力の強いドリルは固いものにも穴をあけることができますし、重量の軽いものは持ち運びに便利です。本格的に使うのか、夏休みの工作に小学生がちょっと使うのかで、ドリルに求めるものが変わってきます。

ホームセンターのドリル売場でも、ドリルの性能・機能に加え、このようなことをPOPなどで伝えるといいかも知れません。

 

こういった一歩踏み込んだニーズを理解するためには、市場を分割すると効果的です。ひとつの商品で本格的なニーズと小学生のニーズは満たすことが難しいハズです。市場を細分化し、その中で、よりニーズにマッチした商品が選ばれるのです。

 

ドリルの例でいえば、工場で仕事で使うような本格的なモノでは製品としての耐久性も必要でしょうし、バッテリーの持続時間も重要かもしれません。小学生には軽いだけでなく、持ち手の部分が小さな手でも握りやすいサイズ・形の方がいいでしょう。回転力の強さはかえって使いにくさになるかも知れません。

『性能』『機能』は、ユーザーによってメリットにもデメリットにもなります。販売促進の場面で陥りがちなのは、すべての人に売りたいと考え、結果薄い内容の訴求になること。『誰にとって?』の視点が抜けてしまうことです。『誰にとって?』を決めることは、『なぜ?(いいと言えるのか)』にもつながります。

 

ドリルではないですが、ニーズは狭く・深く考えるのがポイントです。

 

近年マーケティング、特にネット広告業界は、毎日のように様々な手法が登場しています。ネットで調べると、多くの情報がヒットして、実際にどれがいいのか迷ってしまう程です。代理店などからの営業メールなどもあるでしょう。

 

 

自社でマーケティングを行う場合も、外部のエージェンシーを使う場合でも、まず最初に考えるべきは『どんな結果を得たいか?』です。
最近増えている販売促進を念頭にSNSを活用してサイトへ集客する といった場合も、ただアクセスが増えればいいだけではなく(もちろん増えないよりいいのですが)、どんな年齢層のどんな興味を持ったユーザーにアクセスして欲しいか?(先述の『誰が』)サイトを見てどんな印象を持って欲しいか?その結果どんな行動をどれくらいの量(or頻度)起こして欲しいか?...などといったゴール(までのストーリー)を具体的にイメージし、それを達成するためのツールとして本当にSNSが最適なのか?を考える必要があります。

 

その結果、場合によってはSNSだけでなくリンク先のサイトの修正も必要かもしれませんし、SNSではなく、チラシを配った方がいいかも知れません。

 

SNSを使うことは、あくまでもゴールに到達するための手段(ツール)であり、ゴールにつながらないのであれば、『使わない』『別の手段(ツール)を使う』ということも考える必要があります。明確にゴールを決めることで、『どんな』ツールを『どのように』使うかを考えるのもスムーズに進みます。(とりあえず大枠を決めてスタートし、問題があれば軌道修正すればよいのです。そのあたりのノウハウも含め、いろいろ対応させていただきますのでお問い合わせくださいね。)

 

 

まとめ・結局マーケティングって?:私たちの定義

さて、最初に書いた『マーケティングってなんでしょう?』の答えです。

Artyでは、『マーケティングは目的達成のためのツール』と定義したいと思います。

『ツール』は『手段』と言い換えてもいいかも知れません。

SNSを活用するのも、ネット広告を打つのも、イベントを考え・実行するのも、チラシを作るのも、すべては目的があって、そのためのツール。目的を達成するために何を使うか?どう使うか?を考え・実践する。その一連の流れを、すべてひっくるめて『マーケティング』と定義したいと思います。

 

企業が活動するときには、商品の売上を伸ばす。ということが目的になることがほとんどだと思いますが、それに加え、そのブランドとしての認知を増やす。あるいは認知のされ方を変える(商品イメージを若々しく変えるなど)。という場合もあるでしょう。

このように直接は売上に結びつかない(もちろん中長期的・間接的には結びついていますが)場面でも『マーケティング』は存在します。どうすれば認知が増えるのか?どうすれば別の認知され方になるのか?を考え・実行することはマーケティングの発想だと思います。

 

さらにもっと拡大解釈すると、電車の何両目に乗るか?お昼に何を食べるか?傘を持って出かけるか?などといった日常の行動も、同じように目的があって、その解決のために主体的に何らか考えて・選択して...というながれが存在しますので、マーケティングの範疇に入れたいと思います。

なんとなく3両目に乗った、なんとなく日替わり定食を食べた...というように目的を自覚していない場合でも、(誰かに無理やりやらされたものでなければ)潜在的に『良い結果』を目指して行動をしているはずです。

降りる駅の出口にスムーズに行けるから(降りてから早く出口に行きたい)とか、メニューを選ぶのが面倒だけど、味も値段も とりあえず「ハズレ」がないと思うから(「ハズレ」を選ぶリスクを少なく・なおかつメニューを選ぶテマを省きたい)とか、あなたは、何らかの理由があり、選択しているのです。なので、3両目を選んだことも、日替わり定食を選んだこともすべて『マーケティング』が存在しているのです。

そして、より良い結果のためには、目的の本質的な理解と市場の細分化は欠かせないこともお伝えした通りです。自分にとって良い結果を生むものは、他人にも同じように良い結果を生むとは限らないのです。降りる駅が違えば(「降りてから早く出口に行きたい」という目的・得たい結果は同じだとしても)乗る車両は違いますし、日替わり定食の味が合わず「ハズレ」だったら別のメニューにするかお店を変えるでしょう。

同じ結果(降りてからはやく出口に行きたい)を目指すにしても、選ぶ手段・行動・ツール(何両目に乗るか)は違うのです。

 

こういった行動は、すべて目的のための意識・行動であり、目的に、より効果的に到達するためのツールですので、やはり『マーケティング』なのです。

 

目的達成のために何をするか?がマーケティング
目的達成のためにどうするか?がマーケティング

まずは目的の正しい理解があって、
そのための行動・ツールがマーケティング

 

すべてはツール
すべてはマーケティング

 

どうでしょうか?なんとなくマーケティングを身近に感じていただけたでしょうか?

私たちは、このような広い観点でマーケティングをとらえ、企業さまが進んでいくお手伝いをしたいと考えています。『より効果的なツール選び』や『ツールを使うノウハウ』、『実際の運用』まで、まずはお気軽にお声がけください