イノベーション・共創

肉を食べるというイノベーション

例えば、これもイノベーション。

肉、食べてますか?私、食べてます。

最近は確実に肉食化、人類の豊かな食文化を否定気味です(笑)

 

今日 何食べる? って聞かれたら「ニク!」
明日 何食べる? って聞かれたら「ニク!」
男らしく、迷いなく、気持ち悪いぐらいに 「ニク!」 やっています。

 

なぜか?ちゃんと理由があります。

肉の特別感を手軽なものにしようと思ったからです。(ちなみにここでいう肉・ニクは「焼肉」のことを言っています。)

 

焼肉へ行くと、こんな感じになります。

  • うわぁ、このハラミ、ヤバない?
  • ナムルとキムチとかもちろんいっとくよね?いっとく~!
  • やっぱタン美味いな〜。うんうん。
  • ちょ、煙、けむり、煙〜!わぁ~w
  • なんか火ぃ弱くない?ホンマやなぁ、ちょっと店員さぁ~ん!
  • ホルモン系いっとく?いっとこ!いっとこ!

 

美味しいだけでなく、止まることのないこの盛り上がり感。みんな自然と「ガンガン行こうぜ!」を選択しちゃってるんですよね(笑)もうこの感じが最高なんです!焼肉、イイですよね~

 

が、にも拘わらずです!もしかして、こんなこと思ったことないですか?

  • 焼肉は贅沢だし、たまに行くぐらいが…
  • 肉を食べ過ぎるのは不健康だし、たまに行くぐらいが…

謎のヘルスケア文化勃興の最中、一般的に言われがちなことです。

 

果たして本当に正しいのでしょうか?

そこを疑うのは、とても大事だと思います。
そんなことが小さなイノベーションに繋がります。

 

私は疑いました。
で、こう考えました。

  • 安くて美味しい焼肉屋さんは探せばある。
  • 太古の大昔から人類は肉を食べている。じゃ、体に悪いはずがない。

 

で、頻繁に社員と焼肉食べ、焼肉の楽しさを日々満喫しています。

 

美味しすぎ、楽しすぎ、幸せすぎ!

そんな生活を続けて3カ月ほど経ちますが、いたって健康です。この先は分かりませんがw、何事も実験と検証だと思っています。ダメだったらやめればよいのです。

 

ビジネスにおいても、何か古い慣習に縛られていることとか、あるかもですね。
何かしらの前提や習慣を疑ってみる。これもイノベーションだったりします。