マーケティング

ローカルSEO|実店舗向けSEOも難しくない

実店舗向けSEOも簡単に

前回このBLOGで、簡単にできるSEOについてご紹介しました。今回も引き続き簡単にできるSEO、飲食店や商店など、特に実店舗でビジネスを行っておられる方に向けた、店舗型ビジネスでの集客効果が見込めるSEO『ローカルSEO』のお話です。

 

近年はスマホの利用率がかなり高くなっており、実店舗を探す時に『地域名 キーワード』という検索を行うユーザーが増えていますので、このようなユーザーに向けてうまく店舗情報を提示することが、店舗の認知をあげること、ひいては来店数UPにつながります。

前回ご紹介した、一般的なSEOも、もちろん有効なのですが、それに加えて、今回ご紹介する『ローカルSEO』を行うことで、より露出を増やすことが可能になります。

 

来店型ビジネス(≒EC以外)の対象となるユーザー(来店して欲しい顧客となるユーザー)は、前述の通り『地域名 キーワード』という検索を行うことがほとんどです。特にスマホの検索結果画面では、最もクリックされやすい最上部に地図情報(及び現地までのルート)や連絡先(クリックで直接電話可能)、営業時間(現在営業中かどうかのリアルタイム情報も)などが表示されますので、ここで上位表示することは、店舗や商店などの来店促進に大きな効果を与えますし、企業の事務所なども登録しておけば、近隣のビジネスユーザーに訴求することが可能になります。

PCからの検索でも、近年は地図情報や関連ニュースなどが一覧表示される『ユニバーサル検索』が導入されており、需要は増える一方です。

 

Googleマイビジネスへ店舗情報を登録

具体的には、店舗・ビジネスの情報を『Googleマイビジネス』へ登録することが、Googleマップでの検索結果画面へ表示することにつながります。

以下が『大阪 レストラン』で検索した場合のスマホ表示・PC表示の例です。Googleマイビジネスでは、このように地図情報や各レストランの写真など、様々な情報が掲載することが可能です。

特に飲食店では、すでに大手ポータルサイトに登録してあることが多いと思いますが、Googleマイビジネスに登録することで、検索結果画面での露出を増やす効果はもちろん。検索結果からのリンク先をぐるなびなどに設定し、そちらへ誘導することも可能ですし、大手ポータルサイトへも登録していない・Webサイトを持っていない場合でも、営業時間の表示やメニュー・店内の写真などを掲載することも可能です。また、Google+にも連携していますので、そちらでユーザーとのコミュニケーションを図る。といったSNSとしての運用など、様々な活用方法が可能になります。

 

Googleのランキング要素に合わせた対応

Googleは、検索結果のランキング要素について明言していませんが、200以上の様々な要素で表示順位を決めているといわれています。前回ご紹介したTITLEタグや見出しタグなどもそのうちの代表的なものです。

 

では、200以上あるそれらの要素のうち、何をポイントにSEOを進めればよいのでしょうか?

 

Googleが検索結果をランキングする考え方に、『多くの人が見ている(たくさんアクセスされている)サイト・ページを上位表示する』というものがあります。Googleは、利用者を増やすことで利益を増やします。検索結果画面に『たくさんアクセスされているサイト・ページ』を上位表示することは、多くのユーザーにメリットを与えることになりますので、結果としてGoogleを利用するユーザーを増やすことにつながります。また同様に、『ネット上でたくさん紹介されているサイト・ページ』も上位表示されます。たくさん紹介されているサイト・ページは、それだけ多くの人が評価しているということですので、上位表示することで多くのユーザーにメリットを与えることが可能になり、Googleの利用者がふえることになります。

 

参考:Googleランキングの基本的な考え方『Googleが掲げる10の事実』の要約

Googleは、以前「Googleが掲げる10の事実」ということで、経営理念を掲載していました。この中に、ランキングの基本的な考え方が含まれているといわれています。主なものを抜粋して以下にご紹介します。(各説明はこちらで追記しています)

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
    ▼▼▼
    Googleは、まずユーザーが使いやすいように、あらゆる情報を集め、整理し、提示しています。利用者のニーズに合うように、常に進化・変化を続け、前述の『ユニバーサル検索』のような使いやすい(様々な利用者ニーズに対応できる)ものを提供しています。
  • 遅いより速いほうがいい
    ▼▼▼
    より読み込みスピードが速いWebページがランキング上位になりやすい。大きな画像などを使ったWebサイトは上位表示が難しくなっていくかも知れません。
  • ウェブ上の民主主義は機能する
    ▼▼▼
    『多く見られているサイト・ページ』『たくさん紹介されているサイト・ページ』を上位表示する。Googleがペナルティを課すようなWebサイトは論外ですが、たくさんの人に評価されるWebは上位表示されやすいといえます。
  • 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
    ▼▼▼
    スマホ化やスマートスピーカーなどの音声検索なども含め、今後さらにパソコン以外からの検索が増えると思われるので、情報提供する側も対応が必要になることが予想されます。

 

 

Googleマイビジネスでも基本的なランキングの考え方は同じです。
Googleのランキングに関連があると思われる項目を以下にまとめましたので、ご覧ください。

ユーザーがメリットを感じる項目(上位表示に関連が強い項目)ランキングの要素Googleマイビジネス登録時の対応
すぐ行ける店舗検索ユーザーの現在位置・地域名ワードから近い店舗基本的に対応不可(検索ユーザーの現在位置に依存)
正しい情報Googleマイビジネスに正しい情報が登録されている(オフィシャルサイトなどと間違っていない正しい表記で登録する(オフィシャルサイトなどと表記ゆれをなくす)
人気の店舗Googleマップに良い口コミがついている来店ユーザーにSNSでのチェックインや、口コミを書いてもらえるよう訴求
ネット上で、よい(量・質)評価を得ている良質なリンクを得る(Googleからのペナルティには十分注意)
良質な言及(サイテーション)を得る

『言及(サイテーション)』は、他のWebページなどに店舗名や住所、電話番号などが掲載されていることを言います。自サイトへのリンクを伴わない場合でも、これらの情報が記載されていれば、Googleはそのページが店舗の情報を含んでいると判断し、ランキング評価の対象に加えます。特に実店舗を対象としたローカルSEOでは、この『言及(サイテーション)』は重要視されています。TwitterやFacebookなどのSNSでよい評判を得ている店舗はGoogleマップでも上位表示されますし、通常の検索結果でも『言及(サイテーション)』は、ランキング評価に大きな影響を与えることがわかっています。

私たちアーティでもこれらの対応・施策のご相談など、お受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください

 

写真の活用

店舗や事務所の外観や店内の様子、メニューや商品やサービスの写真などを登録することで、検索ユーザーから選ばれやすくなるようアピールすることが可能です。特に来店型ビジネスの場合、店内の360°画像を公開して雰囲気をリアルに伝えるのも良いかも知れません。

 

投稿機能

『投稿機能』は、検索結果に表示される画像や説明コメント、リンク設定などをまとめたオリジナルのコンテンツを登録するものです。FacebookやTwitterなどのSNSやメールでの共有も可能となっていますので、うまく活用することで、二次拡散効果なども可能となっています。

登録した『投稿(上記画像参照)』が表示されるのは、通常は登録・公開から1週間程度のようですが、投稿時に『イベント』として期間を設定しておくことで、設定した終了日まで掲載が継続されます。『イベント』にすることで、画像や説明テキストに加え、開始日時・終了日時、予約・申し込む・購入・クーポンを入手 などのボタンを追加表示することができますので、例えば「期間限定のおすすめ商品やセール商品」「売れ筋商品・新着商品の紹介」などリアルタイムな情報を検索ユーザーに向けて訴求する。という使い方が良いのではないでしょうか。SNSでの共有を絡めて二次拡散を狙うキャンペーンを展開するのも良いかも知れません。

 

アクセス状況の管理も可能

Googleマイビジネスでは、登録情報への表示状況(検索状況)や、結果画面からのWebサイトへのアクセス(リンクのクリック)、店舗へのルートのリクエスト、通話の状況や登録した写真の閲覧状況などが確認できます。これらのデータをもとに、例えばよく見られているメニューの写真を検証することで販促企画などを考えてみるのも良いかも知れません。

 

集客施策として”攻めの戦略”に活用

今回ご紹介したGoogleマイビジネスへの登録を中心としたローカルSEOは、通常のSEOよりもさらに、『攻めの集客施策』としての活用がおススメです。生活者の購入行動がネットだけで完結してしまうことが多い現代、来店型ビジネスでは、取り扱っている商品・サービスの魅力を伝えることはもちろんですが、『(わざわざ)店舗へ行く』ということが来店・購入の心理的ハードルになってしまわないよう、店舗で購入するという体験をリアルに伝え、まず店舗へ行きたいと感じてもらうことが大切です。

Googleマイビジネスの『写真』や『投稿』機能をうまく使い店内の様子を伝えることで、来店促進効果が期待できます。今回ご紹介したものは自社で手軽にできるものがほとんどですが、私たちアーティでも、Googleマイビジネス登録や登録後の活用までお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせください